「秘密解除 ロッキード事件」著者が語る公文書管理とガバナンス日米比較

  • 「ロッキード事件」を米公文書から検証した理由

  • 公文書の内容や管理の日米比較

  • 海外腐敗行為防止法と不正競争防止法

  • 不正・腐敗を監視牽制する仕組みの日米比較

 



「秘密解除ロッキード事件 田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか」
 第21回 司馬遼太郎賞受賞作品
 奥山俊宏氏
朝日新聞 編集委員。岡山県出身。東京大学工学部卒、朝日新聞入社。水戸支局、福島支局、東京社会部、大阪社会部などを経て特別報道部。インターネット新聞『法と経済のジャーナル Asahi Judiciary』の編集も担当。
著書『秘密解除 ロッキード事件 田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか』(岩波書店、2016年7月)が第21回司馬遼太郎賞を受賞。2018年度日本記者クラブ賞受賞。
 


日 時

2018年5月29日(火) 18:30~20:00(18:00 開場)

会 場

ARICEホールディングスグループ セミナールーム

東京都中央区銀座1丁目19-13 丸美屋ビル6階

主催

NPO法人日本リスクマネジャー&コンサルタント協会主催

お問い合わせ

RMCA事務局まで 

TEL:03-6892-4106

E-mail:info@rmcaj.net

後援

創新ネットシティ

 

セミナー&懇親会費用

マスター

無料

CRO

無料

シニア会員

無料

法人会員

無料(5名様まで)

会員紹介

4,000円(税込)

特定会員

2,000円(税込)(FRM・BCM-RM・RREM・リスク診断士)

一般会員

2,500円(税込)   

非会員

5,000円(税込)

☆参加費につきましては、当日受付にてお支払いください。

☆当日会場でのテープ録音・ビデオ撮影はお断り致しております。

 



お問い合わせ