認定講師制度

リスクマネジメント資格

HOME > RMCA活動概要 > 認定講師制度

2016年 認定講師資格 概要

受験申込口はこちらです。

0:認定講師とは
RMCAが認定するリスクマネジメント講師であり、RMCA認定講師として名乗ることができ、RMCAが提供するリスクマネジメント基礎講座のテキストを利用して基礎講座を開催することができます。
 
2016年度より開始する新認定講師制度の新たな目的は、当協会ミッション達成のためリスクマネジャーおよびコンサルタントの普及・育成を図るために、講座を開講することができる講師を増やすことを目的とします。
 
*認定会員証の発行
*基礎講座を行う場合は総売上の10%を協会へ手数料としてお支払いいただきます
*基礎講座修了証は協会にて作成いたします。(参加者名簿のご提出)
*認定講師はRMCA基礎講座をそのテキストを使い開催する権利を付与するものであり、RMCA基礎講座の内容についての最低限の認識を持つことを担保するものです。講師としてのいわゆる力量を保証するものではありません。
 
1;受講資格
:基礎講座受講後、協会の修了書を発行された者
RMCA会員であること(後の入会でも構いません)
*座学講座/DVD講座
:講師経験は問いません
 
2:試験会場および日程
:㈱AIP東京事務所会議室/㈱AIP関西支店 会議室
*ホワイトボード、ビデオは協会準備
:試験日程に関してはRMCA事務局とご調整ください。
 
3;試験方法
:模擬授業(正味時間20分)*ビデオ収録します/テキスト持ち込み可
:筆記試験(90分)*テキスト持ち込み不可
 
4:出題範囲
<模擬授業>
下記の中から1項目を選択して講義を実施、当日試験官が単元を指定します。また、テキストは2016年度版RMCAリスクマネジメント基礎講座テキストを使用します。

:リスクマネジメントの基礎知識
 【1】リスクマネジメントの基本
 【2】リスクマネジメントの必要性
 【3】リスクマネジメント経営の基本
:リスクマネジメント(ISO31000)の実践
 【1】リスクの構成要素
 【2】ISO31000の概要
 【3】リスク対策の実施手順
 
<筆記試験>
 択一式、記述式(論文)
*下記、リスクマネジメント基礎講座テキストより出題されます。論述等ではリスクマネジメント講師としての一般的なリスクに関する社会環境理解を図る為の内容も出題されます。
 
:リスクマネジメントの基礎知識
 【1】リスクマネジメントの基本
 【2】リスクマネジメントの必要性
 【3】リスクマネジメント経営の基本
:リスクマネジメント(ISO31000)の実践
 【1】リスクの構成要素
 【2】ISO31000の概要
 【3】リスク対策の実施手順
 
5:申込方法
:認定講師受験申込口からお申し込みください。
受験申込口はこちらです。
 
6:受講料
30,000(税別)試験日の1週間前までにお振り込み
:再受験に関しては15,000円(税別)
 
*振込先:みずほ銀行 麹町支店 普通 1038608
口座名義 トクテイヒエイリカツドウホウジン 二ホンリスクマネジャーアンドコンサ 
ルタントキョウカイ
 
7:合格基準及び評価方法
:模擬授業100点満点の75点以上
筆記試験100点満点の80点以上
 
*評価基準
①リスクマネジメントの基礎的知識に関して
:基礎講座テキストより出題
②講師としてのインストラクションスキル
:目線、表情、声の大きさ、展開、時間配分等
③その他、社会常識(協会に関して/社会を取り巻くリスク状況についてなど)
:リスクマネジメントの講師として現在の社会状況におけるリスク環境について
 の時事情報
 
8:合否判定
:試験日の一ヶ月後をめどにご連絡、なお、解答用紙は返却いたしません。また電話等による合否の問い合わせにもお答えできませんのでご了承ください。
 
9:認定講師登録
:認定講師試験に合格された方は、当協会会員への登録が必要です。一般会員としてご登録ください。なお、既に会員登録されている方は問題ありません。認定講師が使うテキストはPDFにしてお渡しします。
 
10:認定講師継続ポイント
:認定講師周知とともにしかるべき時期に継続ポイント制を導入予定
 
11:更新料
:1年に1回更新料として10,000円(税込)→カード更新
 
12:試験概要に関するお問い合わせ
 
NPO法人日本リスクマネジャー&コンサルタント協会 事務局
TEL:03-6892-4106
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-28-9 東武ビル6F