RMCA研修コース制度

リスクマネジメント資格

HOME > RMCA活動概要 > RMCA研修コース制度

リスクマネジメント資格当協会は、広く社会に対して、リスクマネジメントに関する人材の育成・指導や情報提供等を行っています。当協会が提供する研修コースは、以下の2つのコースから構成されます。


 ①当協会が主催して提供する 認定コース
 ②当協会が認定する 推奨コース

■RMCA認定コース

【目 的】
リスクマネジメントを理解し実践において活用するにあたり必要とされるリスクマネジメント・フレームワークの普及・啓蒙を主たる目的とするコースです。

【主 催】
研修コースの主催者は当協会となります。

【RMCA認定資格との関係】
RMCA認定資格を取得するにあたっては、RMCA認定コースの受講が必須となります。

【講 師】
各界で実績のあるRMCA認定講師がRMCA認定コースの講師となります。
ただし、RMCA認定コースにおいて専門性が高いフレームワークについては、なお、特定分野におけるフレームワークに関する研修コース提供については、その専門領域において実績のある専門家が講師を担当する場合があります。

【認定コースのご紹介】
RMCAが現在および今後提供を予定している認定コースは次のとおりです。

事業継続マネジメント分野
□BCM-RM(業継続経営・リスクマネジャー)研修コース
□BCM-ITSC(ITサービス継続)研修コース

レピュテーションマネジメント分野
□レピュテーション・リスクマネジメント研修コース

レコードマネジメント分野
□レコード・リスクマネジメント研修コース

リスクマネジメント資格

■RMCA推奨コース

【目 的】
RMCA推奨コースは以下を目的として当協会が認定した推奨コースです。

  1. RMCA認定コースで学習したフレームワークを補完しあるいはこれを拡張する上で有意義な知識・スキルの学習
  2. RMCA認定コースで学習したフレームワークを実践的に活用する上で有意義なハンズオンセミナーや実践的学習コース
  3. フレームワークとしては確立していないが社会的関心の高い分野におけるリスクマネジメントに関する知識・スキルの学習コース

【主 催】
研修コースの主催者は当協会が認定した教育機関となります。

【RMCA認定資格との関係】
RMCA推奨コースの受講は、RMCA認定資格を取得するための要件とはなっておりません。上記目的に記載するとおり、新しいリスクや緊急性の高いリスクへの対応を必要とされる方やリスクマネジメントのフレームワークを拡張し実践的な行動をとることができるようになるための学習コースとなっています。

【講 師】
テーマにあわせて、その専門領域において実績のある専門家が講師を担当します。